カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
メールマガジン
ショップ紹介

T's Fort 寺川幸彦

弊社は自ら琵琶湖プロガイドとして営むうえで、自分が納得出来る商品だけを選択しショップに掲載しています。
また、お客様との距離を縮めてサポートも出来るように心がけていきたいと考えています。
特にLOWRANCEのGPS魚探などは、技術的にとても進歩の速いメーカーでもあり、電話やメール, LNEなどでサポート対応しております。
また、弊社掲載商品以外のご相談もお気軽にお問合わせくださいませ。

友だち追加

rss atom
ホーム ローランス製品 HDS CARBON
HDS-12 CARBON デュアルコアGPS魚探

2017年 ロランス ニューモデル
2016年、ロランスは全機種にブロードバンド方式を採用致しました。
正確なサイン波の周波数を変化させながら、送受信を連続的に行うので、送信効率と解像度が桁違いに改善され、「パチパチ」という可聴ノイズも一掃されました。
さらに、エリート3Xを除く全機種が広帯域振動子をフルにドライブできるチャープ回路を搭載しているので、小魚やルアーの軌跡、底付近の魚を鮮明に捕らえることができるようになりました。
これにより、静音高解像度のチャープ魚探と、電流を断続するだけの旧方式パルス魚探に二分されるようになりました。
2017年は、直接インターネットに接続してクラウドと通信するWi-Fi内蔵モデルや、SDカードとパソコンを介してクラウドと通信するモデルが、無料で精密等深線を作成できることから、後発メーカーを大きくリードすることになります。
嘗てノルウェーの漁民達が操業中の録画データを持ち寄り、北大西洋の精密マップを完成したように、ルーターやテザリング機能のあるスマートフォンがあれば、釣り場で自動的に録画ファイルをアップしたり、他の方が作成した共有マップをダウンロードして利用し合うことができます。
例えば福島県の檜原湖は、全水域の精密等深線が公開されたため、今シーズンは多くの来訪者が期待されます。
クラウドは、ほぼ無限大のメモリー空間と大型コンピュータ、通信機能などで構成されているので、マップの自動作成以外にも、地域の天候、登録船舶の動向、給油所と燃料価格など、便利な情報の配信が計画されています。


新製品 HDS CARBON シリーズ

十年程前までは、GPSと魚探機能が一つのケースに収納されているだけで充分、商品価値がありました。しかし高度にネットワーク技術が発達した現在、最先端のモデルは、正確無比なサイン波を送受信(チャープ方式)、インターネットに接続しながら情報収集を行うと同時に、自動航行、レーダー、オーディオサーバーなどたくさんの仕事を整合性を維持しながら同時進行する必要があります。そこでロランスは、HDS ジェネレーション・スリーの上位モデルとして、デュアルコアCPUを搭載した世界最速の多機能ディスプレイ、HDS CARBON を開発しました。
1度以下の分解能力で精密な地形図をグルグル回転させたり、 連続ズームする処理能力は、トップカテゴリーの競技や、近代漁業、学術用途に最適です。また、170度の視認角を持つ耐寒耐熱IPS液晶は、どの角度から見ても色彩や解像度の劣化がありません。

HDS-12 CARBON デュアルコアGPS魚探

本体サイズ     H (178 mm) x W (287 mm) x D (86 mm)
重   量    1,550g
ディスプレイ    対角 228 mm 16 bits IPS LCD 1280 x 720 dots
防水性能     IPX7
バックライト    LED (11 段階)
送信出力     500 W RMS
周 波 数  50/83/200 kHz CHIRP 455/800 KHz DOWN/SIDE SCAN
入力電圧 10.8 〜 17 V
平均消費電流   2.0A
GPS機能     MSAS/GLONASS/WAAS/EGNOS対応 10Hz GPS内蔵、5,000ポイント、 
200ルート

※メーカー在庫が不足となった場合は、次期入荷までお待ちいただくこととなりますのでご了承くださいませ。

※ショアラインは全国版 AT5カードもありますが、湖岸線のみで等深線は表示されませんのでご注意くださいませ。

※等深線が必要な場合は、エリアを選択してくださいませ。

※モニターカバーは付属となります。

HDS-12 CARBON デュアルコアGPS魚探
販売価格

613,440円(本体568,000円、税45,440円)

購入数
・ 振動子 選択
・ 付属スーパーショアライン 選択

ここに決済方法を入力します。
ここに配送方法を入力します。